機密文書処理・古紙リサイクル| 機密文書処理、産業廃棄物収集運搬は「リサイクルサービス株式会社」で

機密文書処理・古紙リサイクル

機密文書の処理・リサイクル

機密文書の処分にお困りの企業様、またはすでにシュレッダーサービスなどをご検討中の企業様、ぜひ一度リサイクルサービス株式会社にご連絡ください。当社では大切な機密情報が外部に漏れないよう適切に処分いたします。

確実な機密文書の処理を

確実な機密文書の処理を

多くのクライアントの個人情報や社外秘の情報が記載されている機密文書。 処分する際には、情報漏洩には気を配らなくてはいけません。処分の仕方によっては、大切な情報が外部に漏れ、訴訟問題に発生する恐れもあります。 機密文書を処分する際は、専門業者に依頼をするのが得策でしょう。

ホッチキス・ファイリング済み文書もお任せください

ホッチキスで留めている書類、ヒモなどで結った書類、ファイルに入ったままの書類もそのままお出しください。
しっかりと処理させていただきます。

主な取引先業種

機密文書処理の流れ

当社では、「直接溶解」と「裁断溶解」、2つの方法で機密文書を処理しています。 それぞれのメリット・デメリットを踏まえ適切な方法をお選びください。

メリット デメリット
直接溶解 ・製紙工場に直接持ち込むため、機密性が極めて高い
・スタッフによる禁忌品分別がないため開梱せずに処理できる
・短時間で大量に処理できる
・紙以外の禁忌品が一部廃棄物として処理されるため、廃棄物の処理に関する費用が発生し、裁断溶解に比べ若干値段が高い
裁断溶解 ・専任スタッフが禁忌品を分別する為、直接溶解に比べ値段が安い
・ファイルやクリップ等も分別しリサイクルするため、環境にもやさしい
・文書が大量の場合、直接溶解よりも処理に掛る時間が長くなることがある
直接溶解
STEP.01収集
機密文書を当社スタッフが収集いたします。

STEP.02溶解
製紙工場にて溶解します。

STEP.03再生紙を作製
溶解した後、新聞紙やトイレットペーパーとして再生されます。
裁断溶解
STEP.01収 集
機密文書を当社スタッフが収集いたします。

STEP.02書類の分別
機密文書から禁忌品を分別します。

STEP.03裁断処理
大型裁断機で文書の内容を視認又は復旧できないように裁断します。

STEP.04溶解
製紙工場にて再生紙原料として溶解します。

STEP.05再生紙を作製
溶解した後、新聞紙やトイレットペーパーとして再生されます。

古紙リサイクル

機密書類以外の古紙は環境負荷低減の為に古紙リサイクルという形で正しく処理しましょう。当社ではコピー用紙、新聞紙、雑誌、段ボールなどの不用な紙を適正に処分する古紙リサイクルを承っています。お支払い時期や回収頻度などのご希望がある場合は、お客様のご要望に柔軟に対応致しますので、どうぞお申し付けください。

古紙リサイクルの流れ
STEP.01集積
お客様のオフィス内で古紙の種類別に分別集積して頂きます。

STEP.02回収
お客様の事業所にお伺いし、古紙を回収します。

STEP.03再分別
回収した古紙から禁忌品を取り除き、さらに詳細な古紙種別毎に再分別します。

STEP.04プレス
中間問屋に紙を運び、分類した紙ごとにプレス機にかけてプレスします。

STEP.05溶解
製紙工場にて再生紙の原料として溶解します。

STEP.06再生紙を作製
溶解した後、新聞やトイレットペーパーとして再生されます。

対応エリア一覧

東京都(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、 豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区など23区を中心)、埼玉県、神奈川県(横浜市、川崎市など)、千葉県に対応しております。

ページトップへ